エーリアンがのんびりやってくヴァイスブログ

エーリアンがヴァイスについていろいろ書いてるブログ。適当に更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BCF2013 トリオカーニバル

BCF2013行ってきましたー!

といっても昼からですけどね。

地区で負けた友人とも合流して、高校の時の友人2人と共にトリオに参加しました。

やたら時間かかってましたが、ブシロードだから仕方ないかな・・・(笑)

大将とかはじゃんけんで決めたんですが、やりたくなかった大将にじゃんけん負けたせいでなってしまったという・・・。

使用デッキ:赤緑ミルキィ警察+探偵(1/1/7000採用型)(大将)
  
   友人:赤青黄FTエルザグレイ(中堅)
      赤青緑テンプレまどマギ(先鋒)

おかしい、大将と先鋒逆だろ(笑)

あ、自分の卓の記録のみです。


1戦目   相手:赤緑化物語

相手先攻でしたが集中で殴ってくる。明らかに事故っている。
相討ちで一方的に潰し、こちら有利に。
お互いレベル1に。レベル0で4ストック稼げて満足。
相手は初心者なのか事故っているのか(後で見たら両方っぽかった)、CX張って2パンのみで全く3パンしてこない。
が、レベル0のクロックで「対怪盗事件捜査チーム 咲」が2枚落ちてしまい、出すことができない。
さらにレベル1のクロックドローでCX2枚。小衣も引けないため回収できず、チェンジで出てきた「悪魔の左手 神原駿河」を踏めない。
CXで打点を入れつつ、チャンプ気味に殴ることしかできない。
相手がレベル2になり、「完全武装 戦場ヶ原ひたぎ」が出てきて完全に盤面を取られる。

結局割れないのでひたすらストックを貯めつつチャンプするだけ。
が、相手の方に多く打点が入っていたこともあって相手が先にレベル3に。
レベル3の回復量ではこちら圧倒的有利なので、そのまま回復キャラを出し続けて殴りきって勝ち。


先鋒がキャンセル足りず負けるも中堅が勝ってくれたのでチームは2-1で勝ち。


2戦目  相手:赤緑D.C.(姫乃型)

一番嫌いなタイプ。

レベル0は4500作れたのもあってこちら若干有利。
今回は咲もきっちり引いてきたので、レベル1の盤面も3面割りを意識して、打点を入れてゆく。
お互いほぼ同タイミングでレベル2に。

しかし相手は姫乃型、ここからが相手の真骨頂。
「姫乃の覚悟」2枚で「こそばゆい未来 姫乃」2枚登場。
対応CXを使われ、クロックからレベル応援と「ふたりの幸せ 姫乃」登場。
2-0なのに盤面にレベル3が3枚並ぶ。が、問題はここではない。

こちら2-0からスタート。まず2点通ってこちら8戻りリフレッシュ。リフダメもCXではない。
ここで相手がCX2噛みし、打点が5-4という大打点。
これが両方素通り。一気に3-5まで追い詰められてしまう。
2噛みはおいしいとはいえ、これは辛すぎる・・・

とりあえずチェンジと素出しで2点回復。CX張って殴るも、6戻りと思えないくらいキャンセルが強い。
さらにカウンターを打たれまくり、キャラの維持もままならない。
が、それでもなんとかキャンセルで打点差を詰め、キャラは3コストアンコールで残して3パンし続ける。
が、最後の最後で打点が足りず、3-6まで追い詰めるも負け。


これ帰りに電車の中でプレミだったのに気付いたんですけど、最後のターンの前のアンコールステップ  舞台:死んでないソウル1のキャラ1体 リバースした「ハロウィンナイト エリー」1体 手札:1/1/7000が1枚 ストック:3  こちらクロック:3-6  こちら山札:9枚  相手舞台に空き無し 相手クロック:3-1  相手山札:2枚

という状況になって、「ハロウィンナイト エリー」をアンコールせずに殺したんですよ。
その時の理由は「ここでアンコールするとコスト0でないキャラを引いた時3パンできない」って考えだったんですけど、後で考えるとこれはミスでした。
ここでアンコールした場合、確かにコスト0のキャラを引かないと3パンできないんですが、ソウル的には2-1と1-1-1だとほとんど同じなんですよね。
となるとアンコールしない場合にソウルでアドが取れるのはソウル2のキャラ(このデッキだと要はレベル3)を引いた場合なんですが、あの時点ですでにこちらの山のなかに1枚しかなかったんですよ。
とするとそれをピンポイントで引ける確率はかなり低い・・・というか約1割です。
それよりはデッキ内のコスト0キャラを引く方が確率は高いので、ここはアンコールすべきでした。
CXを引いた場合はどっちにしろ3パンできないので、その場合もやはりアンコールに軍配が上がります。

長くなってしまいました。
あ、結局引いたのはコスト0のキャラでした。1-1-1で、1箇所トリガー1つ乗りましたが1足りませんでした。
まあ結果論、と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、最後ソウル1足りずに負けたことを考えるとちゃんとやってればよかったと思いました。勝てる可能性ありましたしね。
負けだと思ってたのでプレイが適当になってたんでしょうね。勝ちに貪欲にならないと駄目ですね。反省。
もしここ勝ってればチームも2-1で勝ちだったの考えるとちょっと友人に申し訳なかったです。

先鋒が勝つも中堅、自分が負けて1-2。中堅はD.C.相手にしてましたが、リッカにレベル3グレイ戻されてきつそうでした。相性悪かったね・・・。



3戦目   相手:赤青ビビオペ(ビビッドレッド型)

相手はレベル0を相討ちしか引かず、こちら若干有利。
こちらの引きが強い。レベル1に入った時にはストック4、手札に「平乃&咲」4枚。後列もある。
が、「すっかり元気 あおい」が尋常ではなく堅い。相手ターン9500とかでかすぎる・・・
CXが引けずにパワーが足りず、さらに「水着のあおい」のせいでレベル2になっていてサイドが通らない。
しかし、相手もこちらの1/1/7000を超えられない。
お互いサイドで打点が通らず、長引く展開に。
この隙にこちらはクロックドローを通過して1-6CX8戻りリフレッシュしていく。手札はきついが、後々この圧縮は強みになる、という考え方。
相手にはチャンプも交えて点を入れ、レベル2でリフレッシュさせる。

「本好きなエリー」も配置し、CXで打点を叩き込む。相手レベル3に。
しかし、「ビビッドレッド」登場。「ビビッドパンチ」のシナジーで「本好きなエリー」が控え室に。
ある程度キャンセルがある、と読んでアタッカー確保の意味もあり3コストアンコール。
が、予想外にキャンセルせず、3-1まで入ってしまう。
入ったものは仕方ない。チェンジ、クロックドローからもう1枚「ハロウィンナイト エリー」を出してクロック3-0に。
殴ってみると思いの外CXがトリガーしない。結果、山7枚中CX3枚という超圧縮に。
返しの相手のアタックを「一色 あかね」のバーン含めて4キャンする。

時間が割と迫っていたのでクロック差をつけたかったのだが、2キャンされて少し焦る。
が、こちらも3-5で止まったので返しで6見えした相手に点入れて勝ち。

終わって横見たら二人とも負けてました。うおぃ。1-2。


結果:個人戦績  2-1    (先鋒、中堅共に1-2)
チーム戦績   1-2

えー、 チーム内で一番不安定なデッキを使ったはずだったんですが、チーム内で勝ち越したの僕だけでした(笑)
まあヴァイスだしね!そんなもんだよね!

というわけで微妙な結果でした。
まあ大将として勝ち越せたのはよかったです。
回復しか脳がないデッキですが、まだそこそこ戦えそうですねー。

今回対戦した相手はほぼ全員「対怪盗事件捜査チーム 咲」のパンプのでかさに驚いてました。
2000ってでかいですよねー。
さらにこいつ何が偉いって「ハロウィンナイト エリー」にパンプかけれるんですよ。
CXあれば14500で殴れます。これは地味に大きい。


最後にチームの中堅だったeatness君のブログを載せておきます。
といってもリンクにあるんですけどね。
eatnessるめとりー
今回彼の使っていたレシピも載ってます。ちょっと変わってるかもですが。
見たら全然違いました。「天竜の咆哮」と「ウエンディ・マーベル」入ってました。
環境に刺さってますからね。入れない理由はないと思います。

それではまた。


PS.今回は以前使ってなかった1/1/7000を使いましたが、これは対まどマギを意識しています。
使ったことないと分かりにくいかもですが、テンプレまどマギは後列込み8000を立てられると意外と困ります。
結局まどマギとは当たりませんでしたが、割られないことも多くてなかなか使い勝手は良かったです。
まあアタッカー性能は1/0の方が上なんですけど。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大将ご苦労さま
正直足引っ張ってすまんかったわ
2戦目のハロウィン捨ては見てるときはレベ3を2枚引いた場合のケアなのかと思ったけどそういうわけではなかったんだな

さいたまっは | URL | 2013-07-06(Sat)20:56 [編集]


Re: タイトルなし

> 大将ご苦労さま

お疲れ様ー。今日、大将決めも含めてジャンケン全敗だったw

> 正直足引っ張ってすまんかったわ

まあこーいうゲームだからなあ・・・ 圧縮良くても負けるし、悪くても勝てるしね。ま、仕方ないとしか

> 2戦目のハロウィン捨ては見てるときはレベ3を2枚引いた場合のケアなのかと思ったけどそういうわけではなかったんだな

そそ。あの時は1パン目で2点入った後にワンチャン勝ちあるのに気付くっていう酷さだった。

エーリアン | URL | 2013-07-06(Sat)21:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。