エーリアンがのんびりやってくヴァイスブログ

エーリアンがヴァイスについていろいろ書いてるブログ。適当に更新します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新宿カードラボ大会

長いこと放置してしまいました。
実に半年以上ですね。

今更なのですが現在の環境の問題もあってしばらく記事は書かないと思います。

コメントは返すと思われるのでどうぞー。

さて、久々の記事は大会の記録です。
カードラボの大会、人数は13だったかな。

今回、自分のデッキに飽きてきたな・・・と思っていたので、友達のデッキを借りて出ました。

使用デッキ:赤黄ゼロの使い魔(貴族の務め選抜)


1戦目   相手:赤緑青Fateマスタービート

クロックアンコールとか卑怯だと思います(笑)
こちら先攻。初手は「ひそひそ話 アンリエッタ&サイト」で殴る。
すると相手はアヴェンジャーを後列に置いて相討ちでダイレクトしてくる。
「強い絆 ルイズ」の集中で「黒ネコのルイズ」を釣り上げ、レベル1で殴ると相手は相討ちしか引かないらしく、こちらのキャラが割られない。
が、クロック2ドローでCX2枚引いてきたりするせいでデッキからどんどんCXが無くなってゆく。
ソウル+2を標準搭載するFate相手にこれはまずい。

しかし1周目の山が弱いのは相手も同じ、と考えCXを張って叩くと0-6から1-5まで入る。
これくらい入れておけば「煉獄の炎」を使われてもむしろ1点増えてありがたい。
相手はソウル+2を引けず、扉で打点を入れにくるが、CXトリガーした大打点をキャンセルできこちら有利に。
こちらもCXで引き続き打点を入れる。

結局こちらのリフがレベル1だったのに対し、ほぼ同じタイミングでリフした相手はもうレベル3に。
ここまで打点差がつけば「貴族の務め ルイズ」でレベル2耐久できるこちらに隙はない。
おまけに相手はCXを掘れず、戻せなかったためバーンもできず、打点が圧倒的に足りない。
そのまま殴り切って勝ち。


2戦目   相手:緑赤ミク

相手がキャラ事故。常に2枠空いている状態。
こちらはレベル0でキャンセル多発。ちょ、ちょっとー!?
割れないとこはスルーしてダイレクトしていくと面白いくらい通って相手のレベルが2に。
ちょ、こっちまだレベル0だしCXも張ってないんすけど(笑)

ここで相手に後列展開され、キャラが割れなくなる。
さらに相手の山からCXが出始め、少しずつ打点差が詰まってゆく。
なんとか集中でデッキを掘ってレベル1でリフをかける。
相手のリフは2-6。毎回こうなら楽なんですけど(笑)

こちらレベル2。相手レベル3。
「貴族の務め ルイズ」を3面展開してクロック0にする。
しかし、どこもパワーで勝っておらず、全てチャンプアタック。が、3キャン(泣)

その後は貴族をサーチして登場などでちょこちょこ回復しつつ、とにかくチャンプし続ける。
こちらのキャンセルが強く、相手の大きな打点があまり通らない。

そのまま刻み続け、最終的に3-5の相手に2点で殴ってキャンセル→じゃあ1点で刻むか、と思って殴ったらトリガー乗って通って勝ち。
こっちの残りの山見たらCX上に固まってて超強かった。


ここまで自分含めて全勝者4人。 内訳は、 ゼロの使い魔2 アイマス SAO
制限とはなんだったのか。というかRewriteもディスガイアもいないとか、なんて平和な環境なんだ。


3戦目   相手:赤黄t青SAO

相手先攻でドローゴー。2体で殴ると一瞬で相手0-6に。
またしてもレベル0でキャンセル多発。や、やめてよぉ・・・
アタッカーは「強い絆 ルイズ」でなんとかしつつ、殴ってゆく。確実に倒せるとこだけ倒すスタンス。
相手はCXを張ってくる。が、こちらのダメージはまだ0-5。経験のキャラも手札にある。

が、ここで問題発生。相手のトリガーが2回出て打点が2-3-4になる。
それが全て通る。結果、レベル1貫通。
経験が達成できず、手札の「貴族の務め ルイズ」2枚が完全に腐る。
「頼れる仲間 タバサ」などで誤魔化すしかない。
チャンプ気味にCXで打点を入れる。が、完全に相手にアドバンテージを取られる。

お互いレベル3に。キャンセルが割と出たのでこちら若干楽に。とはいえほぼ互角。
相手のCXが2噛みしたタイミングで打点を通して3-6まで持っていくも、最後のサイド1点をキャンセルされてしまう。
返しで負け。惜しかったなあ。


4戦目   相手:青単長門

相手は中野遊vicでおなじみのたばっちゃんさん。おそらく公式のトリオのページに上げてたレシピ。
長門は個人的にゼロ魔だと相性悪いと思っているので、マリガン時点で少し憂鬱に。

またしてもCXが見えていく。なんなのこれぇ・・
が、相手も事故で後列が出てこない。
途中、集中でデッキのCXがあっさり全部出てしまい焦るも、なんとかデッキを掘りきる。
相手は手札の消費が激しく、さらにカウンター等の存在でお互いキャラが割れない状態に。

お互いレベル2に。こちらは「貴族の務め ルイズ」2面展開。さらに「長女 エレオノール」とレベル応援を展開し、相手ターン13500を用意。1500助太刀を握って1面は返せるようにする。
ディスペル?引けねーよ

が、相手は「ウエディングドレスの長門」で回復するだけで、「夏祭りの長門」が出てこない。
夏祭りなしでは貴族を超えられず、そのままこちらが殴りきって勝ち。
長門は後列引けないときついですよねぇ・・・


結果 3-1

感想

「貴族の務め ルイズ」つえーーー!
の一言に尽きますね。
レベル2でCIP回復できるのが弱い訳なかった。

最近のデッキはレベル1を厚くし、レベル2はチェンジ等にまかせていて薄めなデッキが多い気がします。
Rewriteみたいなのもありますけど。
なので多くのデッキはレベル1がすぐに終わるときついんですよね。
レベル1でストック貯めておきたいので。

その点、ゼロの使い魔はレベル1がさっさと終わってしまっても、経験さえ達成していればレベル2で強い盤面を構築でき、さらに回復できるというのは強かったですね。
事実負けたのも経験達成できなかった1戦のみですし。
まだまだ戦えるんじゃ?と感じました。

あ、ただカリスマは勘弁です。いやまあどうしようもない訳じゃないんですけど。パワーだけでも十分っちゃ十分なので。
Rewriteいなかったのは有難かったですかね。


という訳で大会結果でした。
また大会結果の記事は書くかもしれません。
ヴァイス初心者の自分ですが、温かい目で見てもらえたら嬉しいです。
コメントは大歓迎です。もらえるととても喜びます(笑)

それでは。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。